車を売るとき見るサイト

車を売る準備やオススメの売り方、車を売る時の疑問などを紹介します

カスタマイズ・チューンナップした車を売る時の注意点

   

数十万円から中には百万円単位のお金をかけて車のパーツを交換したり、装備を追加している車好きの方は多数いらっしゃいますね。

愛情とお金をかけてチューンナップした車を乗り換えなのか何らかの事情で売ることになった場合の注意点があります。

 

つぎ込んだお金に比例して査定額があがる訳ではない

例えば、カーナビが標準装備されていない車種に後付けでカーナビをつけた。場合など「誰しもが好みそうなカスタマイズ」は査定額の増額につながる可能性が高くなりますが、特殊な塗装やエアロパーツなど万人受けしないと思われるものは査定額があがるどころか下がる場合があります。

特に外観や内装のカスタマイズは本人の意向や趣味が反映されているもので、そのまま買い取った状態で販売しても買い手が付きにくくなります。よって、カスタマイズしている状態からノーマルに戻す時間や場合によってはパーツを入手する必要があるため、減額になる。という事なのです。

「こんなに良いホイールつけてるのに!」「このカウルかっこいいじゃん!」などなど色々ありますが、思いやかけたお金に比例するとは限らない。と思っていたほうがよいでしょう。

だからと言ってすべてが無駄になる訳ではありません。

 

ノーマルパーツは必ず残しておこう

できるだけノーマルの状態であるほうが無難なため買い取ってもらう際は好ましい。という点は理解いただけたかと。よって、できるだけノーマルな状態に戻せるのであれば戻して査定に出したほうが良いです。そのためにノーマルの時の装備は残しておいたほうがよいです。

自分でできる程度の装備品やカスタマイズであれば是非ノーマルに戻しましょう。取り外したパーツはカーショップに持っていって売ってもよいですが、ヤフオクやメルカリなど個人売買が可能なオークションサイトを利用するのもオススメです。

個人売買であるため、中間マージンが発生せず高額での落札者が現れる事が期待できますし。

とてもじゃないけど、自分ではできない規模のカスタマイズで自動車工場にお願いした場合、その分、工事費がかかってしまうのでオススメしません。ノーマルに戻す事でどれくらい査定額があがるかわからないためです。最悪マイナスになってしまうケースも考えられます。

その場合はカスタマイズしたままの状態で査定にだし、ノーマルパーツも残してある。と査定業者の担当者につたえるようにしましょう。

 - 車を売る準備