車を売るとき見るサイト

車を売る準備やオススメの売り方、車を売る時の疑問などを紹介します

自動車ローンが残っている車でも売る事はできる?

   

車を購入した際、ローンを組んで購入される方は大変多いです。そんなローンを組んで購入した車を何らかの事情で手放さなければならなくなった場合、ローンの残高が残っている状態で車を売る事はできるのでしょうか?

いくつか条件がありますが、ローン支払い中の車でも売る事はできます。

まず、ローン支払い中の車、所有者はあなたではなく、信販会社などあなたにお金を貸している側になるのです。この場合、所有者である信販会社などの許可なく売る事はできません。当然ですよね。自分の名義のものでは無いため売れません。

手っ取り早いのは、ローン会社に「車を売る事になった。残高を一括で支払うのでローンを消してほしい」と伝え、一括で残高を支払い、名義をあなたの車に変える方法です。晴れてあなたが所有者となる訳ですから、売る事はできます。

この場合ローンの残高が一括で支払える事が条件となります。一括で支払えない場合は売れないのか?というとそうでもありません。

まず、車の買取業者に買取額の査定を出してもらいます。この際、ローン残高が残っている事を伝えるのはもちろん、複数の業者に査定を出しましょう。もっとも高値をつけてくれる業者を見つけるためです。

もっとも高値をつけてくれた買取業者に正式に売却したい。と伝えると、売却額よりローン残高分を買取業者が信販会社に支払い、ローンが消える事になります。

例えば、ローンの残高が50万円で車の買取額が80万円だった場合、50万円が信販会社に。30万円があなたの手元に。というお金の流れになります。

仮に、ローン残高より買取額が少なかった場合は、不足分を用意して売る必要があります。

ローン残高が50万円に対して買取額が30万円だった場合、不足分の20万円を用意して支払わないと売却する事はできません。

と、ローンの残高を消す事が必要となり、自分で用意して消すか、車に付いた価格で消すか。という2択になる訳です。

 

まずはどれくらいの値段が付くか?を調べないとはじまらないため、まずは一括査定サイトを利用して、高く買い取ってくれる業者を探しましょう。

 - 車を売る準備