車を売るとき見るサイト

車を売る準備やオススメの売り方、車を売る時の疑問などを紹介します

車を売るときに必要な書類は?紛失した場合は?

      2016/04/05

いざ車を売ろう!と思ったとき、車本体だけがあれば売れる訳ではありません。それなりに必要な書類があるため、以下の書類があるか?を事前にチェックしておきましょう。

 

車を売るとき必要な書類など

自動車検査証

いわゆる車検証ですね。車検証に書かれている住所と現住所が違う場合、現住所の住民票が必要となります。
[見つからない時]車検をお願いした車屋さんに依頼するか、車のナンバーを管轄する運輸支局で手続きを行うことで再発行してもらえます。

自賠責保険証明書

こちらは車検の度に強制加入となる保険です。この自賠責保険証明書は車に常時置いておく必要があると法律で義務付けられているので、助手席前のダッシュボードの中に入れている方が多いです。
[見つからない時]自賠責保険証明書を紛失したり汚れたり破いてしまった場合は、契約している保険会社に再発行してもらう必要があります。車を売るにせよ売らないにせよ、常時車の中に置いておく必要があります。速やかに手配しましょう。万が一契約した保険会社がわからない場合、車検をお願いした車屋さんに聞いてみるとよいでしょう。

自動車納税証明書

車を持っていることで納める必要がある、自動車税。毎年5月末までに支払う必要があります。この自動車税を納税した証明書です。この自動車税を支払っていないと車を売ることができないため、未納分がある場合事前に支払っておきましょう。
[見つからない時]都道府県の税事務所にて再発行してもらうことができます。なお、軽自動車の場合は市役所でも再発行してもらえます。

リサイクル券

平成17年1月より施行された自動車リサイクル法に基づいて支払う必要がある自動車リサイクル料金の支払い証明書です。
[見つからない時]車検証を準備して自動車リサイクルシステムのホームページより再発行が可能です。

実印

車を売買する際、買取業者が準備してくる、譲渡証明書と委任状に押印する必要があります。

印鑑登録証明書

車を売る日時からそう離れていない、1ヶ月以内に発行されたものが必要です。

車の鍵

車の鍵をなくすケースはかなりレアに思えますが、長期間乗っていなかった場合、見当たらない!なんてことも。お心当たりのある方は鍵があるか?を念のため確認しておきましょう。

 

 

これらが車を売る時に必要となる書類などです。その他、車の取り扱い説明書・整備手帳・スペアキー・交換した純正品など、車を買った時についていたものも合わせて準備しておくと良いでしょう。

おおくのものはダッシュボードに入れっぱなしだと思いますが、念のためあるか?を事前にチェックしておくようにしましょう。

 - 車を売る準備